TOPへ

ナイトナース(夜勤の看護師)の魅力は稼げる!

2020.04.16

ナイトナース(夜勤看護師)

夜勤の看護師の魅力は稼げる!

ナイトナース(夜勤看護師)

看護師の給与が高い理由は、患者の命を預かっていることや国家資格が必要な仕事であることが理由の1つです。そして、患者様の体調は24時間365日、いつ変わるか分かりません。患者の命と安全を守るため、いつ何が起きても対応できるように夜勤は必要です。

 

この夜勤こそが、看護師の給与が高い最大の理由とも言えます。夜勤は、1回の勤務で35,000円稼げる病院もあり高収入です。週1勤務可能の病院もあり、月4回働いた場合で35,000円×4回=140,000円も月収がUP!そのため、日勤のみの病院で働いている看護師のなかには「夜勤のアルバイトも入れて稼ぎたい!」と考える方も少なくありません。

 

「看護師って副業していいの?」と心配される方もいますが、WワークOKとしている病院もあります。ただ、国公立病院や副業を禁止している私立病院で勤務している場合は、基本的にWワークはできないので注意してくださいね。


Wワークができる夜勤バイトは「一般病棟夜勤専従」「慢性期病棟」「ICU・救急外来」「介護施設」となっています。「慢性期病棟」は、リハビリや透析などを中心としている病棟です。症状が落ち着いている患者様も多いので比較的働きやすい環境となっています。「夜勤で稼ぎたいけれど不安」という方は「慢性期病棟」の求人を探してみましょう。

 

そして、夜勤の求人が1番多いのは「介護施設」です。ほとんどが看護師を必要としている「介護老人保健施設」での求人となっています。なかには「特別養護老人施設」「有料老人ホーム」でも夜勤の看護師を募集していることもあります。「介護施設」も、比較的症状が落ち着いている方が多いので、精神的にも楽に夜勤ができるでしょう。

看護師の夜勤を探すには、派遣会社への相談がおすすめです。Wワーク希望・週1回希望・高齢者施設希望など、あなたの希望条件を提示して合う病院や施設を派遣会社が提案してくれます。日勤との両立がいしやすいように、シフト調整などの融通が利くのかという点もポイントになるでしょう。

看護師の仕事で今よりも収入を上げたいなら、夜勤も視野に入れて検討してみましょう。