TOPへ

シングルマザーの転職はハードルが高いと感じるあなたへ【5つのアドバイス】

2020.09.23

シンママazusaさんのコラム

シングルマザーの転職はハードルが高いと感じるあなたへ【5つのアドバイス】

シングルマザーの転職は、独身女性に比べなかなかスムーズにいかないもの…😔

 

なかなか良い仕事が見つからなかったり、いざ面接を受けても落ちてしまったり、ハードルの高さを感じているシンママも多いでしょう。

そこで今回は、転職を成功させたいシングルマザーに向け、5つのアドバイスをお伝えしていきます👩

 

転職にお悩みのシングルマザーは、是非参考にしてみてください!

シングルマザーの転職は難しいって本当?

シングルマザーの転職は難しいって本当?

結論から言うと、確かにシングルマザーの転職は簡単ではありませんが、「シングルマザーだから採用されない」というケースはほぼ無いと考えておいてOKです😉

なぜなら、シングルマザーの転職が上手くいかないのは、以下のようなことが原因だから。

 

・出産や子育てによってブランクがある💭

・子供の都合で条件に制限がある💭

・適切な仕事を選べていない💭

 

つまり、シングルマザーは上記のような問題が生じやすいだけであり、母子家庭だから転職できないわけではありません。

 

ブランクについてはどうしようもありませんが、シングルマザーならではの問題を一つずつ解決し、正しい方法で転職活動をしていけば、成功の鍵は見えてきます🧐

 

これから紹介するいくつかのポイントを抑え、スムーズな転職活動に取り組みましょう。

シングルマザーが転職を成功させるポイント5つ

シングルマザーが転職を成功させるポイント5つ

では、転職に悩むシングルマザーに向け、転職を成功させるポイントを5つ紹介していきます。

①優先順位を決めて条件を明確にする

②雇用形態にこだわりすぎない

③子供の預け先を確保する

④長く続けられる仕事を選ぶ

⑤シングルマザーであることを強みにする

 

順番に、解説していきましょう☝

転職成功の秘訣①優先順位を決めて条件を明確にする

シングルマザーが転職を成功させるポイントの1つ目は、まずは優先順位を決めて仕事に対する条件を明確にすることです💡

 

ここをしっかり決めておかなければ、漠然とした考えで転職活動をすることとなり、実際に仕事を始めてから生活に支障が出てしまってまた転職を繰り返す…といった事態にもなりかねないでしょう。

 

例えば、シングルマザーの筆者は元看護助手、現在はフリーライターとして活動していますが、今も昔も自分の優先順位・条件は変わりません。

 

優先順位①子供との時間→条件:平日8時〜17時までの仕事✨

優先順位②収入→条件:○○円以上の収入が見込める仕事✨

優先順位③将来に繋がるかどうか→条件:スキルアップできる仕事✨

 

筆者が子供との時間を最優先にしているのは、育児も家事も完全にワンオペだからというのもあります。

 

もしも実家暮らしで子供のお世話を頼めたり、家事を分担できたりするのなら、収入を最優先にしていたかもしれません。(子供も小学生になったことですし…)🎒

 

このように、優先順位や希望条件は、自分の環境や子供の年齢に合わせて決めると良いでしょう。

転職成功の秘訣②雇用形態にこだわりすぎない

「正社員のみで仕事を探している」という方は多いと思いますが、シングルマザーだからといって、何も無理して正社員にこだわる必要は無いというのが筆者の意見です🙂

 

というのも、シングルマザーは子供との生活を守っていくことが最優先であり、生活費を稼ぎながらも、子供との関わりや自分の身体も大切にしていかなければなりません。

 

子供が小さいうちから正社員で働いたところで結局上手くいかず、子供との関係に影響したり、体力的に辛くなったり、肩身の狭い思いをしたりするケースって多いんですよね…💦

 

そもそも、雇用形態ばかりにこだわっていても、シングルマザーの希望条件に合う仕事はなかなか見つからないでしょう。

 

将来的に正社員を目指したいなら、最初はパートや派遣で入職し、育児が落ち着いた頃に正社員として雇用してもらえるなど、雇用形態に融通が効く職種・企業を選べばOK👌

 

パートや派遣だと生活費が心配だという方も多いでしょうが、子供が小さいうちは手当を活用すればなんとかなるものです。

 

【シングルマザーの手当】児童扶養手当を活用しよう!
【児童扶養手当を活用した働き方】支給額の計算方法や手当に頼らなくていい年収目安を紹介

 

を参考に、自分に最適な働き方を選んでみてください!

転職成功の秘訣③子供の預け先を確保する

シングルマザーが転職活動中に必ず聞かれるのが、子供の預け先についてです👶🏠

 

急なお休みや遅刻・早退にも柔軟に対応してくれる会社は多いですが、できる限りそれらを避けられる環境にあれば職選びの幅が広がる上、面接でも圧倒的に有利でしょう。

 

なので、スムーズに転職したいのであれば、保育園や小学校以外で緊急時に頼める子供の預け先を確保しておくのがおすすめです😉

 

転職を機に、病児保育やシッターサービスなどに登録しておくのも良いですね。

転職成功の秘訣④長く続けられる仕事を選ぶ

シングルマザーが転職するなら、長く続けられる仕事・会社を選びましょう❗

 

というのも、シングルマザーである限り子育てを終えたあとも基本的には定年まで働き続けなければなりませんが、仮に50代ぐらいで職を失えば転職のハードルはかなり上がります😥

 

また、子育て中に何度も転職活動をするのも避けたいですよね。

 

「長く続けられる仕事」と言っても様々な仕事がありますが、以下のように働きながら資格取得やスキルアップを目指せるような職種なら尚良しでしょう😃🌈

 

・介護職

・事務職

 

特に、介護職など人手不足な業界であれば未経験でも採用の確率がぐんと上がり、経験を積んでおけば今後の転職にも困りません🎉

転職成功の秘訣⑤シングルマザーであることを強みにする

シングルマザーの転職は一見難しそうに思いますが、シングルマザーだからこそアピールできるポイントもあるはず。

 

例えば、長く続けられることやヤル気があること、責任感を持って働けることなどですね💁‍♀️

 

こういった点は、同じ子持ち女性でも共働きの旦那様がいるママと、自分が大黒柱であるシングルマザーでは圧倒的に差があるのではないでしょうか。

 

実際に、企業の中心的存在として活躍しているシングルマザーはとても多く、シングルマザーならではの熱意や意気込みを高く評価している企業もたくさんあります💯

 

 

「シングルマザーだから一生懸命働かないと…」「早く良い仕事に就かなきゃ…」というあなたの焦りや気持ちを、自分の強みに変えて上手にアピールしてみましょう♬


著者プロフィール

著者プロフィール

小学生の子供を持つ20代シングルマザー。出産後すぐから地域密着型病院で病棟介護士として4年間勤務。
現在は転職し、フリーライターとして働く。
家事・育児・仕事の並立に奮闘しつつ、楽しいシンママライフを満喫中。港の見える都市在住。