TOPへ

シングルマザーに最適な働き方|正社員・パート・派遣のどれ?

2020.09.29

シンママazusaさんのコラム

シングルマザーに最適な働き方|正社員・パート・派遣のどれ?

転職するなら正社員とパート、派遣のどれを選ぶべきなのか…。シングルマザーにとって働き方は大きなお悩みポイントです😕

 

収入や将来のことを考えると正社員がベストですが、子育てとの両立は簡単ではありません。かといって、パートや派遣では生活していけるか不安ですよね🤦‍♀️

そこで今回は、正社員・パート・派遣の雇用形態別にそれぞれのメリット&デメリットを解説した上で、シングルマザーにおすすめの働き方を紹介していきます😃📢

シングルマザーに最適な働き方は?

シングルマザーに最適な働き方は?

先に結論から申し上げると、シングルマザーに最適な働き方はそれぞれの家庭状況や条件により異なります。

例えば、小学生低学年ぐらいまでの子供を育てるシングルマザーなら、働く時間や曜日に制限がかかるでしょうし、子供が体調を崩した時のことも考えて仕事を決めなければなりません。

 

子供が中高校生にもなれば養育費や生活費に大きなお金がかかるため、それなりの収入が必要であり、自分の将来のことも考えたいですよね。

 

このような点も考慮して、今の自分にとってベストな働き方を選ぶことが大切です💡

それぞれのメリット&デメリットを比較

それぞれのメリット&デメリットを比較

まずは、正社員・パート・派遣にそれぞれどのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていきましょう。

シングルマザーが正社員で働くメリット・デメリット👀

まず、正社員のメリット&デメリットは以下です。

 

【メリット】 ・収入が安定する

・福利厚生が手厚い

・ボーナスや退職金がもらえる

・原則として定年まで働ける

・出世が望める

 

【デメリット】 ・残業がある

・勤務日が固定されており、急な欠勤、早退、遅刻が難しい

・経験や資格がないと雇用してもらえないケースがある

 

シングルマザーが正社員で働くメリットは、やはり収入が安定する点でしょう💰✨

 

福利厚生面でもしっかりとしているので、社会保険や厚生年金などに加入できる上、年間一定数の有給休暇も取得できます。

 

ただし、正社員は残業があったり、自分の都合で休みにくかったりするので、子育てとの両立が簡単ではありません🙍‍♀️

シングルマザーがパートで働くメリット・デメリット👀

次に、パートのメリット&デメリットをみてみましょう。

 

【メリット】 ・シフトの融通が効きやすい

・未経験OKの仕事が多い

・責任のある仕事を任せられることが少ない

・時短勤務ができ、残業も少ない

・求人数が多い

 

【デメリット】 ・給料が安定しない

・社会保険に入れないことがある

・ボーナスや退職金がない

・出世は望めない

 

 

シングルマザーがパートで働く1番のメリットは、勤務時間(シフト)を自由に選べることでしょう。フルタイム勤務が難しいシングルマザーでも働きやすいのが魅力です👈😍

 

正社員に比べ急な欠勤や早退にも対応してもらいやすいので、子供の体調不良時も安心ですね。

 

ただし、時給/日給制のパートで高収入を得るのは難しく、休めば休んだだけ収入が減ってしまうので、必要な生活費を十分に稼げない可能性が考えられます。

 

その上、ボーナスがなかったり社会保険に入れなかったり雇用も安定しません😞

シングルマザーが派遣で働くメリット・デメリット👀

そして、派遣のメリット&デメリットは以下です。

 

【メリット】 ・シフトの自由度が高い

・好きな仕事を選べる

・時給が高いケースが多い

・様々な経験を積める

・派遣会社のサポートを受けられる

・福利厚生が充実している会社が多い

 

【デメリット】 ・働く期間に上限がある

・契約更新されないケースがある

 

 

派遣は、パートと同じくシフトを自由に選べますが、それに加え高収入を得やすく福利厚生面でも手厚い会社が多いので、シングルマザーでも生活を安定させやすいでしょう🙆‍♀️

 

仕事での悩み事や心配事は派遣会社へ気軽に相談でき、長期的なキャリアプランも一緒に考えてもらえるので、パートに比べ将来的にも安心できますね。

 

ただし、派遣期間には3年の上限が設けられている上、契約更新されないケースがあるので、同じ職場で長く働きたい人には向いていません🙅‍♀️❌

シングルマザーは子供の成長に合わせた働き方を!

シングルマザーは子供の成長に合わせた働き方を!

冒頭でお伝えしたように、シングルマザーが転職するなら自分に合った働き方を選択するのがベスト。その目安の一つが、子供の年齢ではないでしょうか📛

<子供の年齢別おすすめの働き方>

 

【子供の年齢】   【働き方】
小学校低学年まで    パートや派遣で経験を積む
小学校高学年以上    正社員を目指す

 

子供が小さくても周囲にサポートしてくれる人がいる場合は、思い切って正社員を目指してみてもいいかもしれませんが、無理は禁物🙅

 

小さい子供は体調を崩しやすく、長期間保育園に行けなくなったり、入院が必要になったりすることも珍しくありません。何よりママとの時間も大切ですよね👶💕

 

シングルマザーなら国から児童扶養手当を受給できるので、満足な収入を得られないうちはそのような制度も活用していくと良いでしょう。

パートや派遣で働くなら将来に繋がる仕事がおすすめ

子供が小さいうちはパートや派遣で働くシングルマザーが多いと思いますが、後に正社員を目指すことも考え、将来に繋がる仕事を選ぶと良いでしょう🌈

 

具体的には、以下のような仕事がおすすめです。

 

・介護職

・看護助手

・事務職

 

つまり、スキルが身に付く仕事ですね✨💪

 

特に介護系はシングルマザーでも正社員雇用してもらいやすく、需要も高いので仕事に困ることはないでしょう。

 

派遣やパートでも比較的高収入を得やすく、福利厚生が手厚い企業が多いのも魅力です◎

 

パートや派遣で働いているうちに資格を取得しておけば、将来の転職で尚更有利になりますね✍

スキルがあるなら「フリーランス」という働き方も

もしもあなたに特別なスキルがあるのであれば、フリーランス(自営業)を選ぶのもありかもしれません😉

 

シングルマザーがフリーランスで働くメリット&デメリットは以下の通り。

 

【メリット】 ・自分でスケジュール管理できる

・高収入も夢ではない

・自分の得意なことを活かせる

 

【デメリット】 ・仕事や収入が不安定

・全て自分の責任なので休めないこともある

・仕事とプライベートのメリハリがつきにくい

 

 

ちなみに筆者は子供が4歳の頃からフリーランスのライターとして働いていますが、自宅で働けて勤務に自由が効く点はシングルマザーにとって多大なメリットだと感じています👍👍💮

 

もちろん簡単なことではありませんが、選択肢の一つとして頭の片隅には置いておいても良いのではないでしょうか。

 

なお、これから勉強してフリーランスを目指したいというシングルマザーは、webデザイナーやプログラマーなどweb系のスキル取得がおすすめです💻

 

web系であればオンラインスクールもたくさんあるので、子育ての合間を有効活用して自宅にいながら無理なく学習を進められますよ。


著者プロフィール

著者プロフィール

小学生の子供を持つ20代シングルマザー。出産後すぐから地域密着型病院で病棟介護士として4年間勤務。
現在は転職し、フリーライターとして働く。
家事・育児・仕事の並立に奮闘しつつ、楽しいシンママライフを満喫中。港の見える都市在住。