TOPへ

【介護士の服装】おしゃれはどこまで許される?介護職経験者が解説

2021.01.01

シンママazusaさんのコラム

【介護士の服装】おしゃれはどこまで許される?介護職経験者が解説

「介護の仕事っておしゃれとは無縁そう…」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

 

正直なところ、アパレルなど他の業種に比べるとおしゃれを楽しめる職場とは言い難いかもしれません。

 

しかし、お年寄りが好きな方や、社会に貢献したいと考え、介護職に興味をもっている人も多いはず💡

今回は、介護士ってどのくらいのおしゃれなら許されるの👗?という疑問にお答えしていきます。

 

これまでに4年間、介護の仕事に携わってきた筆者が、介護の職場での服装やおしゃれについて具体的にお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください👀✨

介護士の服装は?選び方のポイント

【介護士の服装】おしゃれはどこまで許される?介護職経験者が解説

介護士は、高齢者の方に安心感を与え、安全性に配慮した服装で働かなければなりません。

 

とはいえ、介護施設で仕事をする場合の服装は、基本的に制服が支給されるか、大まかに指定されることがほとんどです。

 

ユニフォームの場合、伸縮性のある動きやすい素材の半袖と長ズボンが一般的。汚れが落ちやすい、洗濯しても乾きやすいといった特徴があります。

ちなみに、筆者が働いていた病院のユニフォームは、看護師や理学療法士の制服と色違いで半袖・長ズボン。そして入浴介助(介助浴)のときは、私物の半袖T・半ズボン。※デザイン指定なし👌

 

寒い時期は、ユニフォームの下に黒の長袖Tシャツ・または羽織にグレーのカーディガンが許可されていました🙆‍♀️

 

なお、服装が指定される場合は、主にトップスは半袖のポロシャツ👕、ボトムスはチノパン👖、靴はスニーカー👟といった感じの服装で、食事介助や入浴介助の時にはエプロン🎽をつけます。

 

色は、白・ベージュ・グレー・黒といったカジュアルな指定が多く、エプロンは淡い色合いのデザインが一般的でしょう。

 

ユニフォームだけ・エプロンだけ支給するなど施設によって様々なので、制服を支給してほしい方、自分に合ったサイズを選んで着たい方は、職場選びの際にチェック✅してみてくださいね。

服装は季節によって変わる?

介護施設で働く場合、服装は1年を通して半袖、長ズボンがほとんど。

 

施設の中は冬でも利用者が過ごしやすいように一定の温度に保たれているので、身体を動かして働く介護士は、ほとんどの人が半袖姿か、半袖の上にジャージ・カーディガンなどを着て働いています🏃‍♀️

 

秋冬の上着に関しては会社から支給されるか、ある程度指定されると思うので、指示に従って適切な服装を選んでください⛄

訪問介護の場合はアウターが必要

訪問介護も、基本的に同じで半袖、チノパンといったカジュアルな服装にエプロンをつけて働きます。

 

介護者と散歩をしたり、買い物に出かけたりすることもあるので、秋冬はコート・ダウンジャケットなどアウター🧥が必要でしょう。

 

アウターはウインドブレーカーなどが支給されることもありますが、私服持参の場合は黒やグレーなど、シンプルな色を選ぶのが無難ですね😉

介護職でNGな服装

制服の支給がある施設がほとんどですが、中には私服可の施設もあります。

 

私服可でも介護の仕事をするうえでは、紐、帽子、ボタンがついた服は介護者に危険を及ぼす恐れがあるので禁止🙅‍♀️されているケースが多いでしょう。

 

ポロシャツのような2~3個のボタンなら問題ありませんが、上から下までボタンがついているシャツなどは、介護中にほつれてしまったり、誤飲の恐れがあったりするので危険です。

 

フード付きパーカーは、紐が利用者に当たり、不衛生なので避けましょう🙂

介護士のおしゃれはどこまで許される?

【介護士の服装】おしゃれはどこまで許される?介護職経験者が解説

続いては、介護士のネイル💅やアクセサリー💎・髪型💇‍♀️について見ていきましょう。

ネイル・アクセサリーは原則NG

残念ながら、介護士のネイルは原則NGです🙅‍♀️✖✖

 

理由は、仕事中に万が一ネイルが剥がれたり、パーツが外れたり当たったりすれば不衛生かつ危険だからですね。見た目にも派手な印象を与えるため、良くないとされています。

 

色とデザインが派手でなければ、許可されている施設もありますが、基本的にネイルはできないと覚えておきましょう。

 

また、高齢者を誤ってひっかかないように、爪は常に短く切っておかなければなりません。

 

高齢になると、ちょっとした傷でも血が止まらなかったり、治るまでにかなりの時間がかかったりするので、爪の長さには注意が必要でしょう⚠

 

次にアクセサリーについてですが、こちらも原則NG🙅‍♀️✖✖

 

介護の妨げになるようなデザインの指輪や、長いネックレス、誤飲の恐れがあるピアスは禁止されています。

 

結婚指輪や短いネックレスはOKの所もありますが、介護の仕事は水仕事が多いので、大事なアクセサリーは外しておくのが無難でしょう😉

髪型とヘアカラーも決まっているの?

介護士の髪型は、利用者に当たったり絡まったり、食事に入ったりすることがないように、きちっとまとめるのが基本です。

 

筆者の勤めていた病院では、「髪の毛が肩より長い場合はひとまとめにすること」といった規定があり、ポニーテール等はNGでした。

 

ショートカットじゃない人は、後ろで1つに縛るか、お団子にしてまとめておきましょう✨

 

前髪が顔にかかる人や後ろで結べない長さの人は、しっかりピンで止め、髪の毛が業務の邪魔にならないよう配慮が必要です☝

 

なお、ヘアカラーは施設によって様々ですが、最近の傾向としてはそこまで厳しくありません。

 

金髪に近いような色をしていても、しっかりまとめていれば大丈夫な施設も多いようです🌈

 

明るいヘアカラーを楽しみたいという方は、見学の際に他のスタッフの髪色をチェックしておくといいでしょう。

つけまつげやマツエクは?

おしゃれが難しい介護職ですが、メイクは普通に楽しんでいる方も多いです💄

 

メイクはおしゃれというより、「社会人としての身だしなみ」ですから、そこまで厳しく規定が設けられているところはほとんどありません。

 

ただし、つけまつげやマツエクに関しては、禁止されている施設も多いうえ、落ちてしまうと利用者の危険につながるので、避けたほうが無難でしょう。

 

メイクは施設の指示・または他のスタッフに合わせ、派手になりすぎないように心がけてください💁‍♀️

 

というわけで、今回は介護士のおしゃれをテーマに服装やネイル・アクセサリー、メイクについて紹介しました。

 

結論、介護の仕事は「おしゃれがかなり難しい」と言えます。

 

服装はユニフォームの支給がほとんどで、動きやすさと安全性を最優先🏃‍♀️✨✨

 

ネイルやアクセサリー・髪型の制限も施設によって様々なので、自分の中で譲れない部分がある場合は遠慮なく会社に尋ねてみましょう。

 

清潔感や安全性はもちろん大切ですが、外見を個性としてプラスに見てくれる職場を積極的に探し、ぜひ介護の仕事を楽しんでくださいね🎵


著者プロフィール

著者プロフィール

小学生の子供を持つ20代シングルマザー。出産後すぐから地域密着型病院で病棟介護士として4年間勤務。
現在は転職し、フリーライターとして働く。
家事・育児・仕事の並立に奮闘しつつ、楽しいシンママライフを満喫中。港の見える都市在住。