TOPへ

シングルマザーに介護職がおすすめな理由【育児と両立して働きやすい環境も紹介】

2021.12.03

シンママazusaさんのコラム

シングルマザーに介護職がおすすめな理由【育児と両立して働きやすい環境も紹介】

介護職は、未経験からでも挑戦できるうえ資格取得や勤続年数に応じて昇給が見込めるため、シングルマザーにも人気がある職業です。

 

シングルマザーで介護職は「夜勤が大変そう…」「体力的に仕事と育児の両立は難しそう…」といったイメージがあるかもしれませんが、それは働き方の問題かもしれません💁‍♀️

介護職は、選ぶ職場や環境によっては育児と仕事を両立させやすいメリットもあり、シングルマザーの生活に合わせて働きやすいのです。

 

そこで今回はシングルマザーが介護職と育児を両立させやすい理由や、働きやすい環境について紹介していきます。介護職に興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね😉

シングルマザーが子育てと介護職を両立させやすい3つの理由

シングルマザーに介護職がおすすめな理由【育児と両立して働きやすい環境も紹介】

早速ですが、シングルマザーが子育てと介護職を両立させやすい理由をみていきましょう!

理由①女性スタッフが多く職場の理解が得やすい

介護現場では、スタッフの半数以上を女性が占めています。そのため、介護施設ではシングルマザーの立場を理解してもらえる環境が多い傾向にあります。

 

1人で子育てをするシングルマザーは、子供の体調不良で突発的に休んだり、早退したりすることも珍しくありません。

 

ただでさえ忙しい介護現場において欠勤することは、ママ本人も心苦しい気持ちで一杯ですし、理解を得られなければかなりのストレスでしょう…🌀

 

実際、筆者も過去に介護現場で勤めており、比較的シングルマザーに理解のある職場だったものの、やはり早退するときは後ろめたい気持ちがありました。

 

そんなときに少しでもシングルマザーに理解のある職場であれば、気持ちも楽になりますし、その分一生懸命働こうと前向きな気持ちになれます😊✨

理由②雇用形態によって働き方を選びやすい

介護職は雇用形態が幅広いため、生活環境に合わせて働き方を選びやすいメリットがあります。正社員や契約社員、パート、アルバイト、派遣など働き方は様々です。

 

例えば、幼い子供を抱えたシングルマザーであれば、パートで平日のみの時短勤務。子供が小学校に上がったら平日の通常勤務。子供が中学生以上になれば夜勤シフトも追加など。

 

このように、介護職は働き方に多様性をもたせられます。子供の年齢や環境など、ライフスタイルに合わせた働き方を選択しやすいのは大きな魅力ですね✨

理由③無資格・未経験でも就業可能

介護職は無資格・未経験でも働ける仕事です。

 

仕事に活かせる資格や経験がないからと、就業に苦労しているシングルマザーは非常に多いです。「少しでも早く仕事に就かないと…」と焦る気持ちで条件の合わない職場に就き、育児との両立に苦しんでいるシンママも少なくありません💦

 

しかし介護職は未経験からでもOKな職場が多く、最初から雇用形態や職場環境を考慮したうえで選択できるため、希望した働き方を実現させやすいのです。

 

介護業界は未経験者やブランクのある方を積極的に採用している傾向にあるため、介護の仕事に興味があれば、やる気や熱意を汲み取ってもらえる可能性が高いと言えるでしょう。

介護職(看護助手)のタイムスケジュールを紹介

シングルマザーに介護職がおすすめな理由【育児と両立して働きやすい環境も紹介】

次に、医療施設で4年間看護助手経験のある筆者が、「看護助手の1日の流れ(病棟の場合)」についてタイムスケジュールを紹介させていただきます🏥

 

「介護職の1日の流れが気になる…」という方はぜひ参考にしてみてください。

日勤で働く看護助手のタイムスケジュール例はこちらです💁‍♀️

 

 

8時30分:出勤・申し送り・朝食の下膳・中央材料室へ物品提出

9時:環境整備・オムツ交換・清拭・検査室への移送・入浴介助

11時:配茶

12時:配膳・食事介助・下膳・休憩

13時30分:オムツ交換

14時:リネン交換・入浴介助・物品補充・器材確認・清掃など

16時:オムツ交換・中央材料室で物品の受け取り

17時:夜勤者への引継ぎ・退勤

 

 

介護職と一言で言っても、看護助手や介護士といった職種の違いや、配属先、勤務時間により、1日の流れは大きく異なります。

 

これらの時間割は 「例」なので、参考程度に留めてくださいね✨

 

シングルマザーが介護職と育児を両立しやすい環境とは?

シングルマザーに介護職がおすすめな理由【育児と両立して働きやすい環境も紹介】

シングルマザーでも仕事と育児を両立させやすい介護職ですが、一体どんな職場環境を選べばいいのでしょうか?これから具体的に解説していきます💁‍♀️

希望休や有給休暇が取れる

シンママが介護職と育児を両立させるなら、希望休や有給休暇が取れる職場がベストです。

 

例えば、

 

・子供の学校行事🏫

・子供の突発的な体調不良🤒

 

などで休みがもらえる環境が望ましいでしょう。

 

特に小さい子供を抱えるシングルマザーは、子供の体調に左右されがち。シフト希望や必要な時に有給休暇が取れる職場を優先的に選ぶことが大切です

 

なお、筆者は1人の子供を育てるシングルマザーで看護助手として数年間働いていましたが、ありがたいことに帰宅時間や休みに関して職場には配慮をして頂いていました。

 

とはいえ、介護・医療現場は慢性的なスタッフの人手不足により、残業が多く休みが取りにくい職場が多い業界。万が一に備えて、子供の預け先を考えておくと安心でしょう💡

教育体制が整っている

介護職は、教育体制が整っている職場がおすすめです。

 

というのも、介護の知識や技術は、介護者自身の体を守るうえでも必要なスキルであり、間違った介護動作は、介護をする側の腰痛や怪我の原因につながりかねません😢

 

シングルマザーが仕事で怪我を引き起こしては大変です…。未経験から挑戦する方が多い職業だからこそ、教育体制が整っている職場を選んでいただきたいですね。

 

適切な業務を行うためにも、教育体制が整っているかどうかチェックしてみてくださいね。

資格取得のバックアップ制度がある

介護・看護助手は資格取得のバックアップ体制がある施設がおすすめです。というのも、働きながら介護資格取得や看護師を目指せるからですね💁‍♀️

 

例えば以下のような補助があるかどうかチェックしましょう。

 

・受講料の助成✨

・研修会参加費用の助成✨

・実技指導✨

 

働きながらの資格取得は簡単なものではありませんが、将来を見据えてキャリアアップしたいと考えているシンママは、ぜひ検討してみてくださいね!


著者プロフィール

AZUSAプロフィール写真

あずさ
Webライター・ディレクター
20代後半フリーランス|Webライター|複数メディアディレクター|未婚シングルマザー|病棟介護士として4年間の経験

 

16歳で社会に出て未婚シングルマザーとして自立し稼げるようになった術・ライティングノウハウを無料公開しています!(アズログ)
https://writer-azusa.life/