TOPへ

シングルマザーに向いてる仕事は?無資格ではじめるなら介護職がおすすめ

2020.05.14

シンママazusaさんのコラム

シングルマザーに向いてる仕事は?無資格ではじめるなら介護職がおすすめ

シングルマザーと子供

ひとりで養育費や生活費を稼がなければならないシングルマザーにとって、仕事選びはとても重要です。

 

しかし、子育てとの兼ね合いを考えるとなかなか難しく、現在の仕事や収入に不安を抱えながらも動き出せずにいるシングルマザーは多いでしょう。

 

 

「安定した収入を得られて、将来性のある仕事に就きたい…」そんなシングルマザーには、どんな仕事や働き方(雇用形態)が向いているのでしょうか?

 

本記事では、シングルマザーに向いてる仕事を紹介した上で、なかでも未経験・無資格からキャリアアップを目指したい方におすすめの”介護職”について詳しく解説しています。

 

仕事選びにお悩みのシングルマザーは、是非参考にしてみてください。

シングルマザーに向いてる仕事って?

シングルマザーに向いてる仕事って?

シングルマザーに向いてる仕事は、以下のようなものがあります。

 

  • 介護職
  • 看護助手
  • 看護師
  • 保険外交員
  • 医療事務
  • 歯科衛生士

 

 

どれも資格を活かせる仕事であり、安定した収入を得られる他、職種によっては高収入も目指せるでしょう。

 

さらに、これらの仕事はシングルマザーをはじめ子持ちの方が多いという特徴もあるので、子育てをしながらでも働きやすい環境作りに努めている会社も増えています。

 

無資格のシングルマザーは、上記のような仕事に関わる資格を取得することで、明るい未来が開けるでしょう。

未経験・無資格のシングルマザーは介護職がおすすめ

未経験・無資格のシングルマザーは介護職

上述した通り、シングルマザーに向いている仕事はいくつかありますが、未経験・無資格からチャレンジするなら「介護職」がおすすめです。

 

シングルマザーが介護職に就くメリットを3つ、見ていきましょう。

介護職のメリット①働きながら資格取得を目指せる

みなさんご存知の通り、介護職は常に人手が不足している業界なので、未経験や無資格の人でも採用してもらえる確率が高く、働きながら資格取得を目指せます。

 

お給料をもらいながら資格を取得できるので、まさにシングルマザーにピッタリの仕事だと言えるでしょう。

 

さらに、資格取得支援制度を設けている会社なら、資格取得にかかる費用を一部負担してくれたり、資格取得を目指す方に向けた勉強会を開いていたりするので、経済的に苦しく忙しいシングルマザーでも安心です。

 

なお、介護職に活かせる資格は、以下のようなものがあります。

 

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー

 

全くの未経験・無資格から介護職を始める方は、まずは「介護職員初任者研修」の取得を目指しましょう。

 

一定時間の講義や講習を受け、筆記試験に合格すれば取得できる資格です。

 

経験や資格、年齢に関わらずキャリアアップを目指せるのは、介護職の大きな魅力のひとつでしょう。

介護職のメリット②将来性があり経済的に自立できる

介護職は未経験・無資格からスタートした場合でもキャリアアップを目指せる仕事であり、実務経験を積んだり、資格を取得したりしておけば、どこへいっても貴重な人材として重宝され続けます。

 

収入アップも難しくないので、シングルマザーが経済的に自立することも実現可能でしょう。

 

さらに、都心・地方問わずどこへ行っても仕事があるので、住む場所が変わっても仕事探しに困ることはありません。

 

今後も介護職の需要は高まることが予想され、処遇改善が期待できるので、早いうちから経験を積んでおくことで将来性はさらに高まります。

介護職のメリット③シングルマザーでも働きやすい

介護職は仕事がハードな上、休みが少なかったり、勤務時間が長かったり、夜勤があったりと自由が効かないイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

 

しかし実際はそうでもなく、家事や育児と両立しながら働くことは十分可能です。

 

日中しか営業していないデイサービスや訪問介護なら夜勤はありませんし、24時間営業の介護施設でも日勤のみ・夜勤のみ・時短勤務など様々な働き方を選べます。

 

シフトに融通が効いたり、子供の体調不良などによる急なお休みや早退に対応してもらえたりと、子持ちの女性に理解のある職場なら、小さな子供を育てるシングルマザーでも働きやすいでしょう。

シングルマザーなら派遣やパートが働きやすい!

シングルマザーなら派遣やパートが働きやすい

介護職は様々な雇用形態があるので、自分に合った働き方を選択できるのも魅力です。

 

ガッツリ働きたい方は正社員、子育てを優先したいなら派遣やパート、また他の仕事と掛け持ちで働くという手もあるでしょう。

 

 

家事や育児と並立させたいシングルマザーなら、勤務日や勤務時間に自由の効きやすい派遣やパートからスタートするのがおすすめです。

 

特に派遣であれば、給料や勤務時間などの条件はもちろん、人間関係など職場の環境面についても事前に相談することができ、就業後も手厚いサポートを受けられます。

 

さらに、「実際に働いてみたら自分に合わなかった」「転職したい」などといったときでも、派遣なら気軽に相談できるでしょう。

 

介護職は年齢を問わず活躍できる業界なので、正社員になるのは子供が大きくなってからでも遅くはありません。

 

シングルマザーでも無理なくキャリアアップを狙うなら、はじめはパートや派遣で働いて、経験を積みながら資格を取得し、正社員を目指すという道が最も効率的ではないでしょうか。

著者プロフィール

著者プロフィール

小学生の子供を持つ20代シングルマザー。出産後すぐから地域密着型病院で病棟介護士として4年間勤務。現在は転職し、フリーライターとして働く。家事・育児・仕事の並立に奮闘しつつ、楽しいシンママライフを満喫中。港の見える都市在住。