TOPへ

【仕事編】シングルマザーのお悩みあるある3選!解決方法も紹介☝

2020.08.06

シンママazusaさんのコラム

シングルマザーになると、子供がいない時と比べ同じ独身でもその暮らしは大きく変わります。

 

それは仕事にまで影響し、思うように働けない…職選びの幅が狭くなった…など、シングルマザーならではのお悩みもたくさんありますよね。

今回は、仕事における「シングルマザーあるある」とその解決法を紹介していきます。

 

仕事について悩んでいるシングルマザーは、是非参考にしてみてください!😃

シングルマザーあるある①稼げる仕事に就けない

シングルマザーに最も多いお悩みといえば、ずばり金銭的な問題でしょう。

 

子供の面倒を一人で見なければならないことから働ける曜日や時間に制限がかかってしまい、さらに子供が体調不良になれば欠勤…このような理由から、なかなか満足に稼げる仕事に就けないのです。

 

高収入な仕事って、シングルマザーには条件が厳しいケースが多いんですよね…😔

何を優先したいか考えてみよう

シングルマザーが仕事選びをする上で大切なのは、まずは優先順位を決めることです。💡

 

育児が優先なのか、将来性(スキルアップできる・長く続けられる)を優先したいのか、とにかく収入を優先したいのか…などですね。

 

例えば、将来性があり育児と両立できる仕事であれば、パートや派遣で介護職や看護助手、事務職などの専門職に就くのがおすすめです。⭐!

 

このような職種であれば安定収入が見込めますし、育児が落ち着いた頃に正社員として雇用してもらえれば、将来的に高収入も目指せるでしょう。

 

育児と両立しながらとにかく高収入を得たいというシングルマザーなら、コールセンターやパチンコ店、軽作業・製造系の仕事にパートや派遣で働くと良いかもしれません。😊👍

子供が小さいうちは手当を活用して

シングルマザーは、児童手当や児童扶養手当などの手当を受給できます。💡

 

子供が一人いるシングルマザーが児童手当と児童扶養手当を満額受給した場合、その総額は1ヶ月に最大約58,000円。

 

手当には所得制限があるため収入が多いと減額または支給停止となりますが、子供が小さく満足に稼げる仕事に就けないうちは、手当を優先した働き方が賢いと言えるでしょう。🙆‍♀️

 

子供が小さいうちは手当を活用しながらパートや派遣などで働き、子供がある程度大きくなって働きやすい環境になれば正社員を目指すのがおすすめです。♬🌈

 

児童扶養手当については「【シングルマザーの手当】児童扶養手当を活用しよう!」で詳しく紹介しているので、気になる方はこちらも読んでみてくださいね。

シングルマザーあるある②面接で不採用になる

「仕事がなかなか見つからない」「面接を受けても不採用になってしまう」というお悩みも、シングルマザーあるある。

 

シングルマザーの仕事探しは簡単ではありませんよね。😥

 

条件に制限があるため働きやすい職場がなかなか見つからない上、採用担当者にシングルマザーであることを伝えると気まずい雰囲気になってしまった…そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

子供の預け先を確保しよう

シングルマザーが不採用となってしまう最大の理由は、子供の都合により早退・遅刻・欠勤してしまったり、急な残業ができなかったりと、シフト面に影響が出てしまうことです。

 

なので、採用率をアップしたいのであれば、病児保育やシッターサービスに登録する・親や親戚に頼んでおくなど事前に子供の預け先を確保して、子供の体調不良や急な残業にも対応できるようにしておきましょう。💡

 

 

自治体によってはシングルマザーの病児保育利用料が無料となるケースもあるので、気になる方は問い合わせてみてくださいね。

派遣・紹介サービスを活用しよう

シングルマザーが面接で不採用になりやすいのは、自分にぴったりの企業を選べていないからかもしれません。

 

そんな時は、派遣・お仕事紹介サービスの活用を検討してみると良いでしょう。💡

 

シングルマザーでも働きやすい職場や、子供の体調不良時でも柔軟に対応してもらえる職場など、自分の条件に 紹介してもらえるので、仕事探しがスムーズです。😉👌

 

働き始めてからも相談に乗ってもらったり、自分に合わなかった時に転職に対応してもらえたりするのも魅力ですね。

シングルマザーあるある③キャリアアップが難しい

シングルマザーあるある3つ目は、「キャリアアップが難しい」ことです。

 

キャリアアップのためには資格や経験などのスキルが必須となってきますが、資格取得のための時間もなければお金もない…そのような理由から、なかなか前に進めないシングルマザーは多いでしょう。

育児の負担が多い中、正社員を目指すのも簡単ではありませんよね。💦

 

なかなかキャリアアップできない結果、貧困状態に陥ってしまうことも、シングルマザーあるあるでしょう。

働きながら資格取得を目指そう

育児をしながら資格取得なんて難しい…そんなシングルマザーは、働きながらでも取得可能な資格を探してみましょう。👀📖

 

勉強時間さえ確保できればどんな資格でも挑戦できますが、筆者がおすすめするのは「介護系」の資格です。✍

 

例えば以下の資格であれば、介護職や看護助手として働きながら取得を目指せる他、実務経験を活かせます。✨💪

 

・介護職員初任者研修

・介護福祉士実務者研修

・介護福祉士

 

これらは勤務先の病院や介護施設などで資格取得にかかる費用を負担してもらえるケースが多く、学歴も必要ないのでどんなシングルマザーも目指しやすいでしょう。

 

特に国家資格である「介護福祉士」は需要が高く、取得していれば仕事に困ることは無いと言えます。😃

国の給付金制度を活用しよう

キャリアアップのために資格を取得したくても、金銭的な問題から諦めてしまうシングルマザーも多いでしょう。💭

 

そんなシングルマザーに是非利用していただきたいのが、「自立支援教育訓練給付金」という国の給付金制度です。

 

自立支援教育訓練給付金は、シングルマザーをはじめとするひとり親が資格を取得する場合、その費用を一部負担してもらえる制度であり、以下のような資格が対象です。

 

・看護師

・介護福祉士

・理、美容師

・保育士

・Microsoft Office Specialist

・宅地建物取引士資格試験

・インテリアコーディネーター

 

対象となる資格や支給額は自治体により異なるので、一度問い合わせてみると良いでしょう。☎

 

また、看護師や介護福祉士など特定の資格取得のため、シングルマザーが1年以上学校へ通うような場合には、期間中の生活費を支援してもらえる制度も利用できます。

 

このような制度を利用すれば金銭的な負担を軽減し、安心して学業に専念できるので、キャリアアップを目指したいシングルマザーは検討してみてはいかがでしょうか。😉


著者プロフィール

著者プロフィール

小学生の子供を持つ20代シングルマザー。出産後すぐから地域密着型病院で病棟介護士として4年間勤務。
現在は転職し、フリーライターとして働く。
家事・育児・仕事の並立に奮闘しつつ、楽しいシンママライフを満喫中。港の見える都市在住。