TOPへ

あなたの履歴書間違っているかも?基本的な履歴書の書き方を覚えよう

2020.11.13

シングルマザーのお仕事応援

あなたの履歴書間違っているかも?基本的な履歴書の書き方を覚えよう

あなたの履歴書間違っているかも?基本的な履歴書の書き方を覚えよう

仕事を探すなら、履歴書の準備は必須です。そして、採用担当者は私たちが思っている以上に履歴書をよく見ています。文字ひとつでも、人柄は相手に伝わるため心をこめて記入しましょう。

ただ、どんなに心をこめて記入しても書き方が間違っていると印象が悪くなります。どのような点に注意すれば良いのか一緒に確認しましょう。

また、介護職に就きたい方のアピールポイントもお伝えします!

1. 履歴書を書く前に必要なものを準備しよう

履歴書を書く前に、最低限必要なものを準備しましょう。

● 履歴書弊社だよねが用意している履歴書でもOK
● 印鑑
● 証明写真
● 資格証明書もしくは証明書のコピー
● 黒のボールペンもしくは万年筆

履歴書は、コンビニエンスストアなどでも購入できますが、今はダウンロードしたものをプリントして使用している方もいます。その際は、上質紙や履歴書専用用紙を使用しましょう。

資格を取得している方は、資格証明書を準備してください。現物もしくはコピーの提示を求められる場合があります。特に、介護福祉士など仕事に資格が必要な職種は確認されることが多いです。

その他については、次の項目で詳しく説明します。

2. 履歴書を書く際の基本的な注意点

履歴書を書く際の基本的な注意点

履歴書は、採用担当者に与える印象を左右するものと言っても過言ではありません。希望の企業に採用されるためにも、履歴書を書く際に気を付けてほしい注意点を確認しましょう。

2-1.履歴書は手書きが基本!丁寧に書くように心がけよう
※派遣の場合はパソコンのExcelのものでも問題ありません。(だよね社の場合)

履歴書は、令和になった今も手書きが基本です。手書きの文字を見て、どのような人柄なのかをイメージする採用担当者は少なくありません。上手でなくても、一文字ずつ丁寧に書かれているものは伝わります。

ただ、パソコンで作成した履歴書が絶対にNGというわけではありません。事情がある場合は上手に活用しましょう。

2-2.誤字・脱字はNG!破棄して最初から書き直そう
誤字・脱字のある履歴書は印象が悪くなるため使えません。だからと言って、修正テープなどを使用するのはNGです。間違えてしまった履歴書は、破棄して最初から書き直しましょう。

2-3.コピーの履歴書は使わない!使いまわしもNG!
※派遣の場合は、問題はありません!(だよね社の場合)
履歴書のコピーは、採用担当者に良い印象を与えません。他社から返却された履歴書の使いまわしも絶対にNG!

履歴書は日付を記入するため、採用担当者はすぐに使いまわしだと気づきます。他にも応募していた企業があり、不採用だったと知られてしまうため印象が悪いです。

2-4.証明写真は3カ月以内に撮影したものを必ず貼り付ける
一般的に、履歴の証明写真は3カ月以内に撮影されたものを使用するのがマナーです。あまりにも古いものだと、面接時のあなたと印象が違うかもしれません。採用担当者が見て、すぐに本人だと分かってもらえることが大切です。

服装は、私服ではなくスーツやオフィスカジュアルのようものを選びましょう。Tシャツなど、カジュアル過ぎるものは避けた方が無難です。髪の色も暗くし、メイクも清潔感のあるものを心がけましょう。

スピード写真は避け専門店などで撮影したものを使用するとさらに良い印象を与えます。

2-5.記入する際は黒のボールペンか万年筆を使用する
※派遣の場合は、問題はありません!(だよね社の場合)
履歴書は、鉛筆など消える筆記用具は使えません。消えるボールペンも、使用は控えましょう。消えない黒のボールペンか万年筆でしっかりと記入してください。

2-6.印鑑はシャチハタを使わない
※派遣の場合は、問題はありません!(だよね社の場合)
履歴書に捺印をする際は、シャチハタ以外の朱肉を使う印鑑を使います。まっすぐ曲がらないように気を付け、朱肉がかすれたりにじんだりしないように丁寧に押しましょう。何度か練習してみるとコツをつかめますよ。

3. 履歴書の基本的な書き方

履歴書の基本的な書き方を、改めて確認しておきましょう。

3-1.日付
履歴書を提出する日を書きます。郵送の場合はポストに投函する日を書き、持参する場合は企業に行く日を書きましょう。

3-2.氏名・生年月日・年齢
氏名は、楷書体で丁寧に記入します。生年月日は、履歴書全体で統一させるために西暦か和暦を選択します。

ほとんどの履歴書が昭和か平成に〇をつける仕様のため、その後に記入する他の項目も和暦にそろえましょう。年齢は、履歴書に記入する日付当日の満年齢です。

3-3.住所・連絡先
住所は省略せずに、都道府県から部屋番号まで記入しましょう。

例1:〇〇県〇〇市〇〇町△△丁目△△番地△号
例2:〇〇県〇〇市〇〇町△△丁目△△番地△号 マンション名〇〇号室
例3:〇〇県〇〇群〇〇町〇〇△△丁目△△番地△号

このように、普段省略している部分も正式に記入してください。

連絡先は、日中など連絡がつきやすい電話番号を記入しましょう。自宅の固定電話がなければ携帯電話のみでも問題ありません。

メールアドレスは、プライベートで使用しているパソコン用メールアドレスを記入します。携帯のメールアドレスは避けましょう。

3-4.学歴と職歴
学歴を職歴は分けて書きます。1行目中央に「学歴」と書き、2行目から実際の学歴を書きましょう。
学歴の記入後、次の行に「職歴」と書き学歴と同じように書きます。職歴は、正社員・パート・アルバイト・派遣全ての経歴を記入しましょう。

これまでどのような経験を積んできたかを採用担当者は見ており、短期間であってもプラスに考えてくれる場合も少なくありません。包み隠さず、ありのままの職歴を記載しておきましょう。

全ての記入を終えたら、右下に「以上」と書くことを忘れずに。

◆小中学校は卒業年月のみでOK!学校名は省略しない
※派遣の場合は、最終学歴だけも問題はありません!(だよね社の場合)
高校・大学・専門学校は入学・卒業の年月を記入します。また、学校名は正式名称を記入しましょう。

例:〇〇市立〇〇小学校
〇〇県立〇〇高等学校
〇〇私立〇〇高等学校

◆職歴は企業名と退職履歴を書く
職歴は、企業名と退職理由を書きます。所属部署があれば、そちらも併せて書きましょう。

例:株式会社〇〇入社 △△事業部××チーム所属 〇〇の業務を担う
一身上の都合で退職
〇〇株式会社入社 △△部所属
スキルアップを目指し転職を決意したため退職

このように、入社した企業名や所属部署(特に部署などなければ書かなくてOK)を記入します。退職理由は、一身上の都合を用いるのが一般的です。前向きな退職であれば、理由を添えても問題ありません。

◆派遣勤務の場合は書き方が異なる
派遣として勤めていた場合は、少し書き方が異なります。派遣の場合は「入社」「退職」という言葉は使いません。「登録」「派遣期間満了」と書くように心がけましょう。

例:〇〇株式会社に派遣登録
△△株式会社の有料老人ホーム〇〇にて派遣社員として勤務
介護士として介護業務全般を担当する
派遣期間満了につき退職

また、職歴欄が足りなくなる場合は簡潔にまとめてください。

例:〇〇株式会社に派遣登録【派遣先△△株式会社の有料老人ホーム〇〇】
派遣期間満了につき退職

4. 介護の履歴書を書くときのポイント

以下のような、介護に関わる取得資格は全て書きましょう。

・ケアマネージャー(介護支援専門員)
・ホームヘルパー1級・2級(訪問介護員)
・介護福祉士
・社会福祉士
・介護職員初任者研修
・介護職員基礎研修
・実務者研修

また、学歴や職歴などと同じように正式名称を書くことを忘れずに。

例:ホームヘルパー2級→訪問介護員2級養成研修課程修了
初任者研修→介護職員初任者研修
ケアマネージャー→介護支援専門員

他にも、介護食士や介護予防運動指導員・介護事務(ケアラーク)・認知症ケア専門士など、介護の仕事に関わりそうな資格も取得していたら書きましょう。採用担当者へのアピールになります。

資格が何もない方は、取得を目指し勉強しているものがあれば一緒に書きます。

例:〇〇の資格取得のため勉強中

採用担当者は、様々な面からあなたのスキルややる気を判断しています。アピールできるものは、しっかりと履歴書に記入して見てもらいましょう!

最後に希望勤務時間(シフト)や希望する休みの記入を忘れずにしましょう。派遣の場合はスムーズな仕事の案内が可能となります。

例:朝番7時から可能です。遅番は少なめでお願いします。
土日のいずれかは隔週での休みを希望します(育児理由)

5. おまけ(卒業年早見表)

卒業年早見表