TOPへ

16.シングルマザーが転職するタイミングとチェックポイントを解説します!

2020.08.31

シングルマザーのお仕事応援

シングルマザーが転職するタイミングとチェックポイントを解説します!

シングルマザーが転職するタイミングとチェックポイント

シングルマザーは、自分の力だけで子育てをしなければなりません。そして、子育てにはお金がかかります。義務教育期間でも、思っている以上にお金は必要となり「お金が足りない……」と焦ることもあるでしょう😱

 

収入が足りないという理由で転職を考えるシングルマザーは多くいます。高校、大学と進学する場合「今よりも収入の良い会社に転職しなければ」と考えるのは必然です。

シングルマザーの転職理由

また、収入だけではなく労働時間が合わないことや勤務先が自宅から遠いといったこともシングルマザーの転職理由に挙げられます。実際に、転職したいと考えているシングルマザーが全体の30.4%です。シングルマザーになったことをきっかけに転職した方だと45.5%もいます。

 

子供のことを考えると、今よりもよい労働条件で働きたいと考える方が多くいることが分かります。⚖

(出典元:平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告より)

 

 

シングルマザーが転職を成功させるためのポイント

気になるのは、シングルマザーが転職を成功させるためのポイント!どのようなところに気を付ければ良いのか見てみましょう。

ポイント1.シングルマザーを積極的に採用している企業を選ぶ

母子家庭や高齢者、障がい者といった就業が難しい方を採用すると助成金を得られる「特定求職者雇用開発助成金」を受けている企業を探してみましょう。このような企業は、シングルマザーを積極的に採用しているだけでなく、母子家庭への理解もあるので働きやすいです。👍

ポイント2.長く働ける企業を選ぶ

できるだけ、長く働ける企業を選びましょう。通勤がしやすい・子供の送り迎えがしやすい・勤務時間の希望を聞いてもらえる・残業が少ない・昇給や賞与の有無・交通費の有無・土日出勤の有無・社風などをチェック。また、正社員で働く場合は女性管理職への登用比率も確認しておくと良いでしょう。

ポイント3.雇用形態を考える

雇用形態は正社員にこだわる必要はありません。正社員の他にも、契約社員・派遣社員・パート・アルバイトと様々です。2020年4月に施行された「同一賃金同一労働」によって、契約社員・派遣社員・パート社員と正社員の待遇差を設けることが禁止されました。

 

なかには、派遣社員でも時給が高く設定されており、正社員と同じような収入を得られるケースもめずらしくありません。福利厚生も充実している派遣会社もあるため、正社員と同じように働くことも可能です。

 

ときに、正社員はシングルマザーにとって重荷になることもあります。派遣社員など、自由度の高い雇用を選ぶことで、転職に対するプレッシャーなども軽減されるのでチェック📍してみてください。

 

転職活動は派遣会社に任せて!

今回お伝えしたチェックポイントをクリアできる企業を、自分の力だけで確認するのは大変です。そこで、だよね株式会社ではシングルマザーが安心して働ける環境を、あなたに変わって探してご提案します。

 

入社してみないと分からない、社内の人間関係や社風についてもリサーチ!もし働いてみて合わないと思ったら、再度私たちが転職先を探します。シングルマザーだからこそ、転職活動は派遣会社に任せてお子様との時間を優先させてくださいね。